英会話 中学校  リベンジ その後 今の夢
初めての英会話は
小学1年生
勉強という
英会話
母親になり
子供に託して
子供も大学を卒業
キャビンアテンダー
通訳なしで
海外旅行
     
  初めての英会話は小学校の1年生でした
 
確か、これが英語だと確信したのは小学校の1年生でした。
自宅近くの教会には外国の方が住んでいて、幼い私にはとても刺激的な存在でした。
流暢な外国語(英語)で、楽しそうにお友達と話しをしていらっしゃいました。
何を言っているのか、もちろんわかるはずもありませんが、心の底からあこがれておりました。
青い目をしたおじさまで、どうしてもその外人(牧師さん)さんと話がしたくて、
日曜学校に通うようになりました。
やさしい牧師さんは、たどたどしい日本語で、私を迎えいれてくれました。
ひと月ほど日曜学校に通った頃でしょうか、英会話教室が日曜日に開かれることを知り、
私は、両親にお願いして教室にはいた記憶があります。
ほとんどが大人の人で、一番のおちびさんが私でした。
その頃の塾と言えば、学習塾、算盤塾、ピアノぐらいのものでしたから、
当然、英会話塾など聞いたことがありませんでした。
最初に覚えた言葉は、「ハロー」、「グッドモーニング」でした。
なぜか、その言葉を覚えた途端、私は、外国人になった気分になり、
家に帰りこの言葉を連発していました。(笑)
両親はきっとうるさかったでしょうね。
次に覚えた言葉は、自己紹介でした。
自己紹介のフレーズは、私を有頂天にしました。
学校で、みんなに教えて?いました。なぜか友人も、私の名前で自己紹介でした。(@_@;)
今思えばありえへん話しです。
次から次への英会話は、そのうち私を混乱させていきました。
もともと大人のなかに混じっての教室でしたので、無理があったのかもしれません。
最初の頃は、牧師さんも気を使ってくれていたのでしょうね。
私の初めての英会話は半年ほどで終了し、日曜学校もそのうち行かなくなりました・・・・・。


  皆様へお気に入り情報です  
 

新しい財布が欲しくなり・・・シャネルのかわいい財布を買おうかと、お値打ちサイト見つけました^^
財布がほしくなるのって、誕生日とか、新年のなにか区切りの時期じゃないですか? 私はそうです。 沢山の財布があるなかで、どうしてシャネルなのというと、女性らしい可愛さがありながら、かっこいい要素も兼ね備えているというところでしょうか。私は好きです。 あの、丸っこいブランドマークのデザインも好きです。 それなら、アルファベットのCをかたどったと思われる、コーチも好きなのかといわれると、コーチは私的にはそこまで惹かれないかもしれないかもしれないです。 シャネルの財布も可愛いですが、キルティングされたような小さなクラッチバックも可愛いですね。様々な大きさのものを集めたくなりますが、今一番ほしいのはシャネルの財布です。欲しいものが十万を超えていますが、憧れるんですよね。頑張った自分へのご褒美に買ってもいいかなって思っています。独身の時にしか、自分の好きな物にお金かけられないじゃないですか。結婚前にもお金を貯めたいですけど、欲しい物も手に入れたいという葛藤の中で、日々暮らしています。 欲しい物もすべて我慢してお金を貯めることが豊かな生活なのかといわれたら、それも違う気がします。 ブランドの財布は頑張ってまで買うものかと言われたら、いろんな考えの人がいるのは確かでしょうが、今の私はシャネルの財布を手に入れる為に頑張りたいのです。

こんな良いとこがあったなんて知らなかった~篠島!また行きたくなりますよ^^

母が親戚の結婚式にして行くアクセサリーを探してたのでGRAVEL
紹介してあげました。
気に入るのがありすぎて結構迷ったみたいですよ。

今でも、町の魚屋さんってあるんですね。海なし県からとついできたので、魚は、スーパーでしか、見たことがなかったんです。スーパーの魚コーナーは、切り身が多いですが、魚屋さんは、丸々一匹で売っていて、さばいてもらいたいと頼むとさばいてくれます。近くに宮本鮮魚店 http://www.miyamotosengyo.com/ という、魚屋さんがあるんですが、見に行っているうちに、だんだんと魚の名前が覚わっていくんですが、最初は、ほとんど魚の名前が分からなかったし、見たこともない魚が多かったです。顔を出しているうちに、お店の方がいろいろ教えてくれて、今では、今日○○とれたんだね~なんて話もできるようになりました。
さばき方も、覚えて、今では普通にさばけるようになりました。最初はさばく為に魚を押さえるのも苦手だったのに。ものは慣れですね。魚で好きな料理は、まず刺身ですね~。新鮮な魚は脂がのったものを刺身でいただくのが一番好きです。はまちなんて脂がのっているものだと、甘くて美味しいですよ~。まぐろより、好きですね~。あと新鮮な秋刀魚の刺身。これも、海なし県にいた時は、食べたことがなかったから、感激でした。そして、一番うれしいのは、かにですね!越前が違いので、新鮮なズワイガニがたくさん取れます。他県では、とっても高いみたいですが、地元の特権って言いましょうか、安く買ったり、もらえたりします。これが嫁いできて一番贅沢だなと思うことですね。

ブランドものには目がない妹が今度はハワイにいって免税店でたんまり買い物をしてくると話していました。毎回海外に行っては免税店でわんさか買い物をしてくる子なので、今回もボーナスを使ってたんまり買い物をするそうです。よく韓国にいって免税店でブランドものを買ってくるのですが韓国はもう飽きてしまったそうです。これからはちゃんと観光を含めてお土産程度にすませたいと話しているのですが本当にお土産程度で終わる事ができるんでしょうか。http://www.yochika.com/で欲しいものをピックアップしておいて、買いに行く時のためにメモをとっておくんだとか。そして日本円でいくらになるかやらお得なのかやら色々と県債をしながら買っているんだそうです。妹いわく自分はかなりお得な買い物し貸したことないから20、30万とか平気に使ってしまうんだそうです。言うほどお洒落には見えないんですけどね・・あ、これを言うと妹に殴られるので何も言いませんが。私はと言うと海外には一度しか行った事がなく、その時に確かに免税店の品は日本よりも2,3万程度安くなっていました。しかしそれは凄く高い物が免税されているだけであって安物にはあまり適用されません。それでも妹は関係なしにその時自分が欲しいと思ったものを買っています。

近年、原油の高騰が加速しています。連休などもなるべくガソリン代を使わないようにっという事で近場の旅行にしたり車を使わないという家庭も増えてきています。去年の冬は灯油代も一昨年に比べたら高騰していて200円程、高かった気がします。油代だけではなく今は高速代も割引が無くなってしまったので運送会社やバス会社などは死活問題ですよね。会社の運営は厳しくなる一方で無理な運行をしている会社が増えました。バス会社では近年、大きな事故が多発している為、行政も厳しく取り締まるようになり審査も厳しくなってそういった悪質業者は減りつつあります。地域の行事や子供会の行事、野球部の遠征など、バスを貸しきって出掛けるときは安全性評価認定書などがあるhttp://www.aceliner.co.jp/がおすすめです。エースライナーでは76項目の法令厳守事項と安全確保が評価されました。最近でもバスの運転手が業務中に違反をおかしてパトカーに捕まるなんてニュースも見ました。タクシーはよく聞きますがバスが捕まるなんて前代未聞ですよね。ちょっとビックリしてしまいました。お客さんも、ビックリですよね。私も仕事柄、高速道路などをよく利用するのですが観光バスによく煽られます。バス会社を選ぶ時は細心の注意を払って安心できるバス会社を選択したほうがよいでしょう。

仙台は宮城県の中部に位置し県庁所在地でもあります。広瀬川、青葉川が流れ街には街路樹が多いことから「杜の都」ともいわれる街です。人口の多さや、商業施設の多さから仙台は東北地方ナンバーワンの都市とも言われております。プロ野球球団も誕生し、その球団が昨年日本一になるなど、注目をあびているところです。学校や会社も多いことから、賃貸市場も大きく、単身者向けからファミリー向けまで幅広くかつ数多く物件が揃っております。また投資物件も多いため、借りる方としては選択肢が広がり自分の好みに合った物件を見つけやすい環境にあります。ここでは仙台 賃貸 相談やアドバイスをいたします。まずは建物の構造ですが、鉄筋コンクリート造りがお勧めです。理由としては遮音性が優れています。つまり、隣の部屋や上下階の部屋の音が聞こえにくくなっております。木造や鉄骨造の建物ですと、音が以外にも聞こえてくるのです。音は静かなのに越したことはありません。それから陽当りです。これを調べるには必ず晴れた日の日中に行ってください。最近はインターネットの不動産ポータルサイトで間取りや室内外の写真がたくさん掲載されていて、それを見ただけで満足してしまい、実際に現地に行かず契約する方もいますが、お勧めできません。実際に見たり聞いたりしないと分からないことも多いのです。次に賃貸借契約書を確認しましょう。家賃、契約期間は当然ですが、解約予告期間とか、更新料、退去時の費用など必ず隅々まで読み込んで分からないところは、あやふやにせず、確認しましょう。物件によっては引越し業者を指定してきたり、連帯保証人は親族のみとか、入居者は日本人のみとか、連帯保証人はいらないかわりに保証会社の保証を受けた方のみとか、さまざまなケースもございます。最後に一人暮らしで大事なことは、防犯設備が整っていることです。例えばオートロックや防犯カメラが設置されていたり、玄関扉が二重ロックになっていれば安心できます。

人が亡くなって相続が始まった場合、様々な手続きが必要となります。とくに、土地や建物などの不動産が残されている場合に特有のものとして、相続登記があります。亡くなった人から相続する人へ、登記の名義をうつさなければならないのです。その手続きはなかなか大変なものです。亡くなった人と相続人との関係を示す書類を集めなくてはなりませんし、遺産分割協議をしたらそれを書面にまとめなくてはなりません。要件をきちんと満たした形の書面を作るのは、普通の人にはなかなか難しいものです。しかも、宮城のように代々続く家が多いようなところは、相続登記がされないまま何代か経ってしまっていることもあります。その場合はさかのぼって調査をする必要もありますし、関係者の了解を取るといったことが必要になることもあります。このようなケースですべての書類を整えることはなかなか難しいことなので、司法書士 宮城 不動産登記を依頼したほうが良いでしょう。このように代々続いている家などでは、官庁関係の書類はやはり地元に残っているものが多いはずですから、地元の宮城にいる司法書士に依頼しましょう。地元であることでその地域の地理に明るいはずですし、距離的に近いことで調査などがしやすくなり、手続きもスムーズに進みます。

私のおじいちゃんは鯖寿司http://ichinomatsu.shop-pro.jp/が好物だった。 お店でシメサバを見ると、おじいちゃんが好きだったな…と。思い出すのですが、彼と回転寿司に言った時の事、マグロ、エビ、イカ、あなご…食べて行く中で、最後の方に必ず取るのが、シメサバのお寿司だった。 初めて行った時は、まんべんなくあれも、これもと食べているのかと思い、気にも留めていなかったのですが、何度もお寿司屋さんに行くうちに、毎回シメサバの寿司を食べていることに気が付きました。 「シメサバのお寿司好きなの?」と聞くと、 「お寿司食べに来たら食べたくなるね。」 と言っていまいた。 おじいちゃんの味覚と似ているのか…?と、思いながら、過ごしました。 毎回必ず頼む物は、サバ寿司と、イカ。私は絶対に取らないネタ…。 お寿司のネタは好みが合わなくても、自分の好きなネタを注文出来るからいいですよね。 お料理の好みが合わないと、私はこれが食べたいのに、僕は別の物がいい!ということになりかねませんものね。合わなくても、自分の知らない味が開拓されていくという考え方もありますけどね。

 
 
 

 (c) All rights reserved